結納を終えたご家族から、
砂糖てんぷら(サーターアンダギー)をいただきました。
c0200150_10194880.jpg

結納の席に欠かせないアイテムの一つですが、
よく見るおやつサイズと違って、晴れの日用はとんでもなく大きいです。

上の写真では分かりづらいので、携帯電話を置いて比較…↓
c0200150_1020956.jpg

わはは。でかい!

どれくらい昔からの風習か分かりませんが、
「せっかくのお祝いなんだから、とにかくでっかく!盛大に盛ろうぜ!」という
古の人の結納に対する意気込みが伝わってきますね。

一人では食べきれないので、
翌日会社へ持って行って、みんなでいただきました。

食べやすい大きさにカット。
c0200150_10203340.jpg

まるでパウンドケーキです。笑
(奥の急須がとても小さく見える!)
[PR]
# by shimagohan | 2010-02-17 22:14 | スイーツ
どこがオキナワンなのかと言いますと、
とろとろ軟骨ソーキと
c0200150_1018798.jpg

青パパイヤが入っています♪
c0200150_10183081.jpg


軟骨ソーキは前の晩に1時間ほど圧力鍋で煮込み、
粗熱が取れてから大きい容器に移して冷蔵庫へ。
翌日、冷え固まった脂を取り除いて鍋に移し、
野菜と一緒に更に1時間ほど煮込みました。

お肉はトロントロンに柔らかくて、もちろん骨までいただけます!

今回、初の試みで青パパイヤを入れてみたけど、
これは好き嫌いが分かれるかな~。

まずくはないけど、ビミョ~なモサッとした食感。
パパイヤは千切りにして、サラダかチャンプルーで
食べるのが一番だなと思いました。(^^;

だけど、パパイヤってお肉を柔らかくする効果があるんですよね。
大きな鍋で牛肉や猪肉などを煮込む時、皮をむいた青パパイヤを
まるごと1個お鍋に入れたりします。

今日のソーキは、圧力とパパイン酵素のタブル効果で
驚くくらいやわらか~く仕上がりました☆
c0200150_10185063.jpg

コンソメベースなので「ポトフ」と呼んでみたけど、
どこからどう見ても「ソーキ汁」…。
[PR]