カテゴリ:家ごはん(その他)( 5 )

栄養価が非常に高く、ガンや成人病予防としても
注目されているモロヘイヤ。
c0200150_22563274.jpg

「クセのある野菜に違いない!」と勝手に決めつけて敬遠していたけど、
食べてびっくり。
苦味やえぐみは一切なく、想像していた味と全く違っていました。
湯がくとトロミが出て、クセもなく食べやすい!

知人の畑で取れたものを頂いたのですが、こんなきっかけがなければ
あやうく食わず嫌いのまま終わるところでした…。

さっと湯がいて氷水にとり、おそうめんに乗っけてみました↓
c0200150_23144087.jpg

唐辛子をちらして、シークヮーサーを絞って、
仕上げにナンプラーベースのソースをかけて、
あっという間にさっぱりしたアジアン麺の完成です。

モロヘイヤについてネットで調べてみたところ、
なんとカロチンがほうれん草の4.6倍!
さらにカルシウムは9倍も含まれているとか。

ビタミンや鉄分といった日本人に不足しがちな栄養素も
たっぷり含んでいるそうなので、この夏は積極的に
取り入れていきたいと思います☆
[PR]
無性にココナッツミルク風味のカレーが食べたくなり、
レッドカレーとグリーンカレーを作りました。
c0200150_1655214.jpg

どこが「南国すぎる」のかと言いますと…
なんと、どちらのカレーにも青バナナが入っています♪
c0200150_166446.jpg

今回具材に使ったのは、切り落としたばかりのカッチカチ青バナナ、
無人販売で買った丸っこい茄子、そして、今が旬のフーロー豆。
フーロー豆は長さが30~40センチある細長~い豆で、
味はインゲンに似ています。
c0200150_1681228.jpg

「青バナナは、火を通すとお芋のような味になる」という話を
聞いたことがあったので、いつか試してみたいな~と思っていました☆

ちょうどカレーを作ろうとした時に、そういえば!と思い出して
入れてみたんですが、本当にお芋のような味でびっくり!
食感は、柔らかく煮込まれた「里芋」のような感じです。
いやほんと、目からウロコとはまさにこのこと…。

↓見た目はバナナ。
c0200150_1672889.jpg

「おいしい!!」という劇的な感動はないけど(^^;)、
同じ南国素材でも、パパイヤをカレーに入れるよりずっといいかも。

あまりにバナナの味がしないので、今度コロッケでも作って
正体を見破れる人が何人いるか実験してみたいと思います~(^▽^)
[PR]
c0200150_23241239.jpg

海人(漁師さん)からマグロのブロックをもらったので、
新鮮なうちにアヒポキを作ることにしました。

角切りにしたマグロに塩をして、刻んだ玉ねぎ・炒り胡麻・醤油・胡麻油で和え、
冷蔵庫で15分ほど寝かせるだけ。最後にレモンを絞って完成です。
スライスしたアボカドを添えると、一気に南国らしい一皿になりました♪

大きなブロックなので、しばらくマグロ料理が続きます。
明日は何作ろうかな^^
[PR]
じめっとした蒸し暑い1日だったせいか、
急にスパイシーな辛い料理が食べたくなったので
夕飯はグリーンカレーにしました。
c0200150_23334848.jpg

私が作るグリーンカレーは『水』を使いません。
ココナッツミルクとお野菜からでる水分だけで煮込むので
とっても濃厚なんです!

作り方も簡単ですよ(^ー^)v
1.鍋に油を敷き、鶏肉とニンニクを炒める。
2.鶏肉の表面が香ばしく焼けてきたら、野菜を入れ一緒に炒める。
3.グリーンカレーペーストを入れ、香りが立ってきたら
  ココナッツミルクを入れる。
4.弱~中火で20分ほど煮込む。
(好みでバイマックルーやレモングラスを入れる。)
5.完成!

どうしても美味しいグリーンカレーにならなかった時に
スパイス屋さんに相談したら、この作り方を教えてくれました。
(カレーペースト50gに対して、ココナッツミルク1缶分使っています。)
すぐ出来るので、時間がない時にもオススメです☆



あまりに暑かったので、予約なしで美容室に駆け込んで
髪をばっさり30センチほどカット!
ずっと前から切りたくて仕方なかったので、すっきり爽快です☆
久しぶりに髪を短くしたけど(それでもボブくらい)、
シャンプー楽だし、すぐ乾くし、短いってすごくいいですね~(^▽^)
[PR]
緑と紫のコントラストが目を引くハンダマ。(和名:水前寺菜・金時草)
c0200150_22304594.jpg

アントシアニンや鉄分などの栄養成分をたっぷり含む健康野菜で、
沖縄では「血の薬」として昔から食されてきました。

彩りがきれいなのでサラダなどにも使われますが、
お浸しやチャンプルーなど、火を通して食べることの方が多いです。

昨日作ったハンダマのナムル↓
c0200150_22581032.jpg

使うのは葉っぱと茎の柔らかい部分。
サッと湯通しして、しっかり絞って調味料と合わせます。
火を通すと深緑色に変わって、少しトロミが出るんですよ☆

ヘルシー路線で、あとはキュウリのお漬物と切り干大根の煮物で
夕飯を済ませようと思っていたのですが…

ピンポーンとチャイムが鳴り、
「三枚肉食べてね~~(^▽^)」と、美味しそうに煮込まれた
お肉の差し入れが!
c0200150_23363596.jpg

一気にボリュームアップ☆

切干大根はお友達の実家(愛知)で作られたもので、
これがとんでもなく美味しいのです!!
「切干大根はどれも似たり寄ったりだろう」という固定観念を
完全に打ち砕いてくれました。こんなに美味しく作れちゃう
友達のお母さんを尊敬します。(*^^*)
牛の薄切り肉と一緒に、こっくりと炊きました♪

↓これはハンダマの煮汁。
きれいな青だったので、グラスに移してしばし観賞…。←ヒマ人。
c0200150_23495831.jpg

↓酸(お酢)を入れるとこうなります。
c0200150_23511023.jpg

アントシアニンの色実験♪
小学生の時の理科の実験を思い出しますね^^

ハンダマの旬は春~初夏にかけてらしいので、
血液サラサラ効果を狙って、積極的に食卓に取り入れたいと思います☆
[PR]